Home > ニュース > ニュースリリース > ニールセン、オンライン広告のブランドリフト効果を測定し、最適化を支援するニールセンOnline Brand Effect(オンライン・ブランド・エフェクト)を提供開始

2013/10/01 [お知らせ]

ニールセン、オンライン広告のブランドリフト効果を測定し、最適化を支援するニールセンOnline Brand Effect(オンライン・ブランド・エフェクト)を提供開始

 

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智清訓)は、本日、オンライン広告のブランドリフト効果を測定し、キャンペーンの最適化を支援するニールセンOnline Brand Effect(オンライン・ブランド・エフェクト)の提供開始を発表しました。
ニールセンOnline Brand Effectは、メディア企業、広告代理店、および広告主がオンライン広告のブランドリフト効果を計測し最適化するためのソリューションです。ニールセンOnline Brand Effectはブランドリフト効果の最適化支援を行う上で下記の2つの大きな特徴を有しています。
・オンライン広告によるブランドリフト効果の向上を、認知度・好意度・態度変容・購買意向などの指標で、リアルタイムに把握することができます。これにより、キャンペーン後だけではなくキャンペーン中にもPDCAサイクルを回しながら最適化を行うことができます。
・キャンペーン全体の非接触者と接触者間のブランドリフト効果の比較はもとより、クリエイティブごと、サイトごと、フリーケンシー(広告接触頻度)ごと、ユーザセグメント(広告接触者属性)ごとにも広告によるブランドリフト効果を比較することができるので、キャンペーン改善のための施策が立てやすくなります。
ニールセンOnline Brand Effectは、シンプルで分かりやすいインターフェースを提供しているため、ブランドリフト効果測定の運用にかかる負担を軽微に抑えることができ、キャンペーンの検証をスムーズに行うことができます。
また、ニールセンが買収したVizu社の時代も含めると、5年以上の実績を持つニールセンOnline Brand Effectが蓄積してきたノーム値をインターフェース上で確認することができます。これによりキャンペーンの効果測定結果の良し悪しを、業界基準値と比較して評価することが可能となります。 
更にニールセンOnline Brand Effectは、メディア企業と、広告代理店や広告主が共同で同一キャンペーン上のブランドリフト効果の最適化支援を行える機能も提供しており、この機能を利用することで利用しない場合に比べて平均30%のブランドリフト効果の向上が見られたという実績もあります。ニールセンOnline Brand Effectをご利用になることで、リアルタイムにブランドリフト効果を計測しキャンペーン効果の最大化を図ることができます。
ニールセン株式会社代表取締役社長武智清訓は「このソリューションにより、導入企業はオンライン広告のブランドリフト効果をシンプルに把握することができます。ネット接続環境やデバイスの進化に伴い動画広告やプレミアム広告が増加する中、従来のトラフィック効果やレスポンス効果ではなく、ブランドリフト効果をみることでキャンペーンの効果を日々最適化することが、これからのマーケターには益々求められていきます。このソリューションをご活用頂くことで、マーケターの皆様のお仕事をサポートし、またメディアの本来の価値を見出す一助となれば幸いです。」と述べています。
ニールセンOnline Brand Effectについて
2012年7月ニールセンが、オンライン・ブランドインパクトと最適化のためのリアルタイム計測のマーケットリーダーであるVizu社を買収し、アメリカをはじめとする世界各国でオンライン広告効果測定サービスを提供しています。日本市場においても従来提供していた広告効果測定サービスAd Effectivenessを拡張する形でVizu社の広告効果測定サービスをニールセンOnline Brand Effectとして提供を開始します。
サービスの詳細は、下記ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.netratings.co.jp/solution/OBE.html
###
【ニールセン株式会社 会社概要】 
会社名: ニールセン株式会社  英文社名: Nielsen Co., Ltd.
本社所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント
資本金: 1億円
設立: 1999年5月
代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘
代表取締役社長兼COO 武智 清訓
主要株主 :ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など
ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。
ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。
消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。ニールセン・カンパニー合同会社のサービス概要、及び会社概要は、http://jp.nielsen.com/site/index.shtml  でご覧いただけます。
ニールセンについて
ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報、トレードショーやそれに関連した分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧ください。
ニールセン株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション
インターネット視聴率データ Nielsen NetView
スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
スマートフォン・メディア利用実態調査レポート
検索サービス利用データ MegaView Search など
広告分析ソリューション
オンライン広告統計データ   Nielsen AdRelevance、Nielsen AdRelevance EXpenditure
広告効果分析サービス Nielsen Online Brand Effect など
###
本件に関するお問い合わせ先:
ニールセン株式会社 広報担当 西村総一郎
電話:(03)4363-4200 e-mail: jpw_press@nielsen.com

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智清訓)は、本日、オンライン広告のブランドリフト効果を測定し、キャンペーンの最適化を支援するニールセンOnline Brand Effect(オンライン・ブランド・エフェクト)の提供開始を発表しました。

ニールセンOnline Brand Effectは、メディア企業、広告代理店、および広告主がオンライン広告のブランドリフト効果を計測し最適化するためのソリューションです。ニールセンOnline Brand Effectはブランドリフト効果の最適化支援を行う上で下記の2つの大きな特徴を有しています。

・オンライン広告によるブランドリフト効果の向上を、認知度・好意度・態度変容・購買意向などの指標で、リアルタイムに把握することができます。これにより、キャンペーン後だけではなくキャンペーン中にもPDCAサイクルを回しながら最適化を行うことができます。

・キャンペーン全体の非接触者と接触者間のブランドリフト効果の比較はもとより、クリエイティブごと、サイトごと、フリーケンシー(広告接触頻度)ごと、ユーザセグメント(広告接触者属性)ごとにも広告によるブランドリフト効果を比較することができるので、キャンペーン改善のための施策が立てやすくなります。

ニールセンOnline Brand Effectは、シンプルで分かりやすいインターフェースを提供しているため、キャンペーンの検証をスムーズに行うことができます。

また、ニールセンが買収したVizu社の時代も含めると、5年以上の実績を持つニールセンOnline Brand Effectが蓄積してきたノーム値をインターフェース上で確認することができます。これによりキャンペーンの効果測定結果の良し悪しを、業界基準値と比較して評価することが可能となります。 

更にニールセンOnline Brand Effectは、メディア企業と、広告代理店や広告主が共同で同一キャンペーン上のブランドリフト効果の最適化支援を行える機能も提供しており、この機能を利用することで利用しない場合に比べて平均30%のブランドリフト効果の向上が見られたという実績もあります。ニールセンOnline Brand Effectをご利用になることで、リアルタイムにブランドリフト効果を計測しキャンペーン効果の最大化を図ることができます。

ニールセン株式会社代表取締役社長武智清訓は「このソリューションにより、導入企業はオンライン広告のブランドリフト効果をシンプルに把握することができます。ネット接続環境やデバイスの進化に伴い動画広告やプレミアム広告が増加する中、従来のトラフィック効果やレスポンス効果ではなく、ブランドリフト効果をみることでキャンペーンの効果を日々最適化することが、これからのマーケターには益々求められていきます。このソリューションをご活用頂くことで、マーケターの皆様のお仕事をサポートし、またメディアの本来の価値を見出す一助となれば幸いです。」と述べています。

ニールセンOnline Brand Effectについて

2012年7月ニールセンが、オンライン・ブランドインパクトと最適化のためのリアルタイム計測のマーケットリーダーであるVizu社を買収し、アメリカをはじめとする世界各国でオンライン広告効果測定サービスを提供しています。日本市場においても従来提供していた広告効果測定サービスAd Effectivenessを拡張する形でVizu社の広告効果測定サービスをニールセンOnline Brand Effectとして提供を開始します。

サービスの詳細は、下記ウェブサイトでもご覧いただけます。

http://www.netratings.co.jp/solution/OBE.html

 

###

 

【ニールセン株式会社 会社概要】 

会社名: ニールセン株式会社  英文社名: Nielsen Co., Ltd.

本社所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント

資本金: 1億円

設立: 1999年5月

代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘

           代表取締役社長兼COO 武智 清訓

主要株主 :ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など

ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。

消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。ニールセン・カンパニー合同会社のサービス概要、及び会社概要は、http://jp.nielsen.com/site/index.shtml  でご覧いただけます。

ニールセンについて

ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報、トレードショーやそれに関連した分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧ください。

ニールセン株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス

視聴者分析ソリューション

インターネット視聴率データ Nielsen NetView

スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView

スマートフォン・メディア利用実態調査レポート

検索サービス利用データ MegaView Search など

 

広告分析ソリューション

オンライン広告統計データ   Nielsen AdRelevance、Nielsen AdRelevance EXpenditure

広告効果分析サービス Nielsen Online Brand Effect など

 

###

本件に関するお問い合わせ先:

ニールセン株式会社 広報担当 西村総一郎

電話:(03)4363-4200 e-mail: jpw_press@nielsen.com

 

お問い合わせ

広報、プレスリリース等 に関するお問い合わせ
広報担当宛
TEL:03-6837-6500(代表)
E-Mail:jpw_press@nielsen.com

Newsrelease20131001.pdf