Home > ニュース > ニュースリリース > ニールセン、デジタルにおいて、メディアと広告の価値を正しく評価し、活用していく方法についてまとめたホワイトペーパー『アドベリの先にある デジタル広告コミュニケーション』を発行

2019/08/09 [お知らせ]

ニールセン、デジタルにおいて、メディアと広告の価値を正しく評価し、活用していく方法についてまとめたホワイトペーパー『アドベリの先にある デジタル広告コミュニケーション』を発行

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、2019年5月に開催された Advertising Week Asia 2019 - Tokyoにて広告主企業および媒体社とディスカッションした内容:デジタル広告業界の健全な発展のために広告主企業やメディア/パブリッシャーなどの業界関係者が "メディアと広告の価値を正しく評価し、活用していく方法"についてまとめたホワイトペーパー『アドベリの先にある デジタル広告コミュニケーション』を発行しました。

消費者との広告コミュニケーションにおいてデジタルの活用が増えていますが、そのような中、「ビューアビリティ」や「アドフラウド」「ブランドセーフティ」などの問題が大きく話題になってきています。こうした問題に対処するため、広告主側ではアドベリフィケーション(以下アドベリ)に関心があつまり、メディア/ パブリッシャーや広告会社も含めて課題への対応が進められてきています。

確かに広告主企業にとって、安心で安全なメディア環境で消費者と広告コミュニケーションがとれることは重要です。しかし、広告主企業にとって、「安心して広告を出稿すること」が目的でしょうか?メディア/パブリッシャーにとって、「安全なコンテンツ」「安全な広告枠」が、本当に媒体社としての価値なのでしょうか?

これからも継続的、そして健全にデジタルメディア・広告業界が発展していくためには、アドベリの次のステージに進むことが急務といえます。

本ホワイトペーパーでは、Advertising Week Asia 2019 - Tokyoにて2019年5月28日および29日のNielsen セッションで発信された広告主企業と媒体社の生の声とともに、以下の2つの視点からデジタルメディア業界の各関係者が"今すべきこと"についてディスカッションした内容を紹介しています。

Ⅰ:広告主が抱えるブランディング広告の課題
- アドベリの先にあるコミュニケーションリスク
- 類推拡張は100%確実なのか?
- 識別子ベースと「人」ベースの違い
- 当てすぎると嫌われる?
- 広告主の声

Ⅱ:広告主に寄り添ったメディアデータ
- リーチ指標の共通化
- 共通指標の上での差別化
- エンゲージメント指標の共通化
- 広告主の声
- 媒体社の声

下記リンクからホワイトペーパー「アドベリの先にある デジタル広告コミュニケーション」をダウンロードできます。
https://www.nielsen.com/jp/ja/insights/report/2019/20190809-nielsen-digital-whitepaper-awa-2019/

###


【ニールセン デジタル株式会社 会社概要】
社名:  ニールセン デジタル株式会社  英文社名: Nielsen Digital Co., Ltd.
本社所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
資本金:  1億円
設立: 1999年5月
代表者:  代表取締役社長 宮本 淳
主要株主:  米国ニールセン・カンパニー(The Nielsen Company)、株式会社ビデオリサーチ

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン カンパニー合同会社です。
消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細はwww.nielsen.com/jpでご覧いただけます。

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社は、マーケティングのデータ提供、コンサルティングを行う、世界最大規模のスポーツマーケティング会社です。スポーツ団体及びスポーツに出資する企業に於いても、マーケティング戦略に不可欠なデータとして、世界中で数多く採用されています。日本では、Jリーグやプロ野球球団等とも契約しています。詳細はhttp://nielsensports.com/jp/でご覧いただけます。

グレースノート株式会社は、世界の代表的なブランドのエンターテインメント製品に、音楽・テレビ/映画・スポーツコンテンツについての認識技術を提供しています。2 億曲以上をカバーする楽曲データと 85 カ国以上のテレビ番組表データ、4,500 のスポーツリーグや国際大会に関する統計データ等を提供しています。詳しくは www.gracenote.com/ja/でご覧いただけます。

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼された見解を提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見つけるお手伝いをします。ニールセンはメディア、広告、小売りそして日用消費財産業が直面する最も重要な問いに答えるための新しい方法を開発し続けながら、90年以上に渡り科学的な正確性と革新性に基づくデータと分析を提供してきました。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

ニールセン デジタル株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション
ニールセン デジタルコンテンツ視聴率 Nielsen Digital Content Ratings
インターネット視聴率データ ニールセン ネットビュー Nielsen NetView
スマートフォン視聴率データ ニールセン モバイルネットビュー Nielsen Mobile NetView
インターネットユーザーデータベースサービス ネットビューライフスタイル パワードバイビデオリサーチインタラクティブ など

広告分析ソリューション
ニールセン デジタル広告視聴率 Nielsen Digital Ad Ratings
ブランディング効果測定サービス Brand Lift Plus
広告効果分析サービス Nielsen Digital Brand Effect
デジタル広告モニタリングツール Nielsen Digital Ad Intel など

###
本ニュースリリースに関するお問い合わせ:
広報担当:西村総一郎
Eメール:jpw_press@nielsen.com 電話: 03-6837-6500

お問い合わせ

広報、プレスリリース等 に関するお問い合わせ
広報担当宛
TEL:03-6837-6500(代表)
E-Mail:jpw_press@nielsen.com

Newsrelease20190809.pdf