Home > ニュース > ニュースリリース > ニールセン株式会社、Androidスマートフォン利用動向計測パイロットデータを発表

2012/12/10 [お知らせ]

ニールセン株式会社、Androidスマートフォン利用動向計測パイロットデータを発表

~ Androidスマートフォンの一人あたりのインターネット利用時間がPCを上回る ~

 

メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼CEO:福徳 俊弘)は、スマートフォンの利用動向を計測し、レポートする新サービスMobile NetViewのパイロットデータを発表しました。
それによると、Android OSを搭載したスマートフォンを介してインターネットを利用する一人あたりの利用時間は、PCを介してインターネットを利用する一人あたりの利用時間を上回っていることがわかりました。また、インターネットを利用する頻度に当たるセッション数ではAndroid OSを搭載したスマートフォン利用者は、PC利用者よりも3.5倍も頻繁にインターネットサービスを利用しています。
ニールセンはAndroid OSを搭載したスマートフォン利用者をパネル化し、スマートフォンに計測メーターをインストールし、リアルタイムにスマートフォンの利用状況及びスマートフォンを介したインターネットの利用動向を収集しています。それによると、2012年9月のAndroidスマートフォン利用者の月間一人あたりのインターネット利用時間は1,492分で、PC利用者の同期間における一人あたりのインターネット利用時間である1,301時間を190分上回っていることが分かりました。Androidスマートフォンにおけるインターネット利用時間の内訳では、ブラウザを介しての利用時間が一人あたり572分であるのに対して、アプリケーションを介しての一人あたりの利用時間は920分と1.6倍も多くなっています。これは従来、PCではブラウザでインターネットサービスを利用するのが主体でしたが、Androidスマートフォンでは、ブラウザに代わり専用のアプリケーションでインターネットサービスを利用する傾向が高いことを意味しています。(図表1)
図表1: Android OS利用者とPC利用者の月間一人あたりの利用時間

 

メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼CEO:福徳 俊弘)は、スマートフォンの利用動向を計測し、レポートする新サービスMobile NetViewのパイロットデータを発表しました。

それによると、Android OSを搭載したスマートフォンを介してインターネットを利用する一人あたりの利用時間は、PCを介してインターネットを利用する一人あたりの利用時間を上回っていることがわかりました。また、インターネットを利用する頻度に当たるセッション数ではAndroid OSを搭載したスマートフォン利用者は、PC利用者よりも3.5倍も頻繁にインターネットサービスを利用しています。

ニールセンはAndroid OSを搭載したスマートフォン利用者をパネル化し、スマートフォンに計測メーターをインストールし、リアルタイムにスマートフォンの利用状況及びスマートフォンを介したインターネットの利用動向を収集しています。それによると、2012年9月のAndroidスマートフォン利用者の月間一人あたりのインターネット利用時間は1,492分で、PC利用者の同期間における一人あたりのインターネット利用時間である1,301分を190分上回っていることが分かりました。Androidスマートフォンにおけるインターネット利用時間の内訳では、ブラウザを介しての利用時間が一人あたり572分であるのに対して、アプリケーションを介しての一人あたりの利用時間は920分と1.6倍も多くなっています。これは従来、PCではブラウザでインターネットサービスを利用するのが主体でしたが、Androidスマートフォンでは、ブラウザに代わり専用のアプリケーションでインターネットサービスを利用する傾向が高いことを意味しています。(図表1)

図表1: Android OS利用者とPC利用者の月間一人あたりの利用時間

20121210_01.png

 Androidスマートフォンデータ:Mobile NetView2012年9月テストデータ

PCデータ:NetView2012年9月家庭と職場のPCからのアクセス、インターネットアプリを含む

*PCのアプリはインスタントメッセンジャー、メディアプレイヤー等の非ブラウザのインターネットアプリによるインターネットの利用。Androidスマートフォンのアプリには、電話帳、スケジューラーなどのユーザーが能動的にインターネットアクセスをおこなわないアプリケーションの利用は含みません。

 

インターネットの利用頻度を示すセッション数でのAndroid OSを搭載したスマートフォン利用者とPC利用者の比較では、PC利用者の月間一人あたりのセッション数が46回であるのに対して、Android OSを搭載したスマートフォン利用者の一人あたりのセッション数は161回で、3.5倍も多いことが分かりました。スマートフォン内のセッション数の内訳は、アプリが105回に対して、ブラウザは56回となっており、利用時間と同様にアプリでの利用が多くなっていました。セッションごとの平均利用時間をみるとPCは28分であるのに対し、Android OSを搭載したスマートフォンは9分となっています。スマートフォンユーザーが日常行動の中で、こまめに、かつ、頻繁にスキマ時間を使って、インターネットサービスを利用しているライフスタイルが窺われます。(図表2)
ブラウザを利用したページビューの比較ではPC利用者が月間一人あたり2,565ページをブラウザ上に表示するのに対し、Android スマートフォン利用者の一人あたりのページビューは1,534ページとなっており、ブラウザ上で表示される広告媒体としては、まだ、PCサイトの方が優位であると言えます。(図表3)

 

図表2: Android OS利用者とPC利用者の月間一人あたりのセッション数
20121210_02.png
Androidスマートフォンデータ:Mobile NetView2012年9月テストデータ
PCデータ:NetView2012年9月家庭と職場のPCからのアクセス、インターネットアプリを含む
*PCのアプリはインスタントメッセンジャー、メディアプレイヤー等の非ブラウザのインターネットアプリによるインターネットの利用
*PCとモバイルではセッションの定義が異なります。PCでは30分間継続してアクティブな視聴行動が無い場合は、30分前にセッションが終了したとみなします。モバイルの場合は15分間継続してアクティブな視聴行動が無い場合は、15分前にセッションが終了したとみなします。

 

図表3: Android OS利用者とPC利用者の月間一人あたりのページビュー
20121210_03.png
Androidスマートフォンデータ:Mobile NetView2012年9月テストデータ
PCデータ:NetView2012年9月家庭と職場のPCからのアクセス

 

今回発表したデータは、来年、ニールセンが日本市場に導入を予定しているスマートフォン利用動向データMobile NetViewのテスト集計データを基にしています。Mobile NetViewはAndroid OSのみならず、iOSも計測対象にしていますが、今回発表したパイロットデータにはiOSの利用状況は含まれていません。また、集計に使用したパネル数はサービス開始時に予定しているパネル数には達していません。また、Mobile NetViewサービスの公式提供時に実施するデータのウェイトバック(サンプル構成比の補正)を今回は実施していません。
ニールセンは今回発表したパイロットデータをスプレッドシート(エクセル)にまとめたスコアカードを、ニールセンがご提供しているスマートフォン・メディア利用実態調査2012年12月版(2012年12月発売予定)をご購入のお客様に参考データとしてご提供しています。

 

Mobile NetViewの仕組み
  ニールセンはスマートフォンの利用動向をユーザーログで計測しています。
20121210_4.png

 

20121210_05.png

 

サイトカテゴリー:

PC版NetViewと同様に、ウェブサイトをペアレント、ブランド、チャネルごとの集計区分で分類し、レポートします。 

ウェイトバック:

ニールセンが月次で出版しているインターネット基礎調査「BasicReport」に基づいて、ウェイトバックを実施。

 

 

###

 

【ニールセン株式会社 会社概要】 *弊社は2012年7月1日、ニールセン株式会社に社名変更いたしました

会社名: ニールセン株式会社(旧ネットレイティングス株式会社)  英文社名: Nielsen Co., Ltd.

本社所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント

資本金: 1億円

設立: 1999年5月

代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘

代表取締役社長兼COO 武智 清訓

主要株主 :ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など

 

ニールセン株式会社(旧ネットレイティングス株式会社)はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析、広告分析、ソーシャルメディア分析の3つのソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い信頼性の評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

 

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。

消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。ニールセン・カンパニー合同会社のサービス概要、及び会社概要は、http://jp.nielsen.com/site/index.shtml  でご覧いただけます。

 

ニールセンについて

ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報、トレードショーやそれに関連した分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧ください。

 

ニールセン株式会社(旧ネットレイティングス株式会社)が提供しているソリューションと主な製品サービス

視聴者分析ソリューション

インターネット視聴率データ Nielsen NetView、

スマートフォン・メディア利用実態調査レポート

インターネット基礎調査レポート Nielsen BasicReport など

広告分析ソリューション

オンライン広告統計データ   Nielsen AdRelevance、Nielsen AdRelevance EXpenditure

広告効果分析サービス Ad Effectiveness など

ソーシャルメディア分析ソリューション

ソーシャルメディア分析サービス Nielsen BuzzMetrics

ソーシャルメディア分析ツール Nielsen My BuzzMetrics など

 

###

本件に関するお問い合わせ先:

ニールセン株式会社 広報担当 西村総一郎

電話:(03)4363-4200

e-mail: jpw_press@nielsen.com

 

 

 

お問い合わせ

広報、プレスリリース等 に関するお問い合わせ
広報担当宛
TEL:03-6837-6500(代表)
E-Mail:jpw_press@nielsen.com

Newsrelease_20121210.pdf