Home > ソリューション紹介 > 事例紹介

事例紹介

ニールセンのソリューションを活用した事例をご紹介します。

視聴者行動分析>>

視聴者行動分析 事例紹介

企業の課題に対して、最適な分析をご提案し、ご活用いただけるデータ・レポートをご提供します。


cases_001.jpg


Twitter Japan 株式会社 :「Twitter」ユーザーとノンユーザーのインターネット利用動向分析の事例


分析結果

「Twitter」利用者率の高いゲームアプリは「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」で、このゲームアプリを利用している人のうち78%が「Twitter」を併用していました。ゲームアプリ利用者は「Twitter」を併用している割合が高く、10番目のアプリでもほぼ半数の人が「Twitter」を併用していました。

また、ショッピングアプリで最も「Twitter」利用者率が高かったのはハンドメイド商品のフリマアプリ「ミンネ」(64%)で、次いで2位に「メルカリ」(56%)、3位に「フリル」(55%)となっていました。ショッピングアプリの中でも、特にフリマアプリを利用している人は「Twitter」併用率が高い結果となりました(図表1)。

20160601_01.jpg

また、オンラインショッピングを利用している合間に起動されるアプリ(利用者数TOP5)を見ると、「Amazon」と「楽天市場」、「メルカリ」の3つのアプリすべてで、「LINE」が最も多くの人に利用されていました。2位以下のサービスは、ショッピングアプリにより異なるものの、「Google検索」や「Gmail」、「Twitter」、そしてその他のショッピングアプリが続く結果となりました。「Amazon」と「メルカリ」を利用している合間に起動されるアプリの利用時間を見ると、TOP5の中では「Twitter」が最も長時間利用されていました(図表2)。

20160601_02.jpg

次に、「Twitter」ユーザーとノンユーザーが、2015年7月~12月の間で新しくリリースされたゲームを利用した平均の個数を比較すると、「Twitter」ノンユーザーが半年の間に平均して2個の新規ゲームアプリを利用していたのに対し、「Twitter」ユーザーは2.9個利用しており、ノンユーザーよりも約1個多い結果となりました(図3)。

20160601_03.jpg

 

分析視点

- ゲームアプリやショッピングアプリ利用者の「Twitter」利用状況

- 「Twitter」ユーザーとノンユーザーの新規ゲームアプリの利用状況

- ゲームアプリやショッピングアプリ利用中の他アプリの利用状況

- 「Twitter」ユーザーのうち、ゲームヘビーユーザーの1日のアプリ利用状況

 



Twitter Japan 株式会社 チーム:Sales Researchの事例


 

Twitterユーザーのインターネット利用行動の特長を分析し、媒体資料、営業資料、外部セミナー資料等へ引用。また、分析結果をツイートするなど対外発信データとして活用。
分析内容
スマートフォン上で、Twitterユーザーの特長を把握。
また、Twitterユーザーとノンユーザーを比較し、ECサイトや、ゲームアプリの利用状況を分析。 メディアとしてのTwitterの優位性を示すデータとして活用。
Twitterユーザーのインターネット利用行動の特長を分析し、媒体資料、営業資料、外部セミナー資料等へ引用。また、分析結果をツイートするなどデータを活用した対外発信データとして活用。
cases_004.jpg
分析内容
スマートフォン上でのTwitterユーザーの特徴を把握。
また、Twitterユーザーとノンユーザーを比較し、ECサイトや、ゲームアプリの利用状況を分析。 メディアとしてのTwitterの優位性を示すデータとして活用。


 

ニールセンが日本で提供している視聴者分析サービス

PC視聴行動分析

スマートフォン視聴行動分析

クロスプラットフォーム視聴行動分析

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ

サービス内容、 資料請求等 に関するお問合せ
セールス&アナリティクス宛
TEL:03-6837-6500(セールス&アナリティクス)
E-Mail:jpw_ClientServices@nielsen.com

メールマガジン購読登録

Digital Ad Ratings

Nielsen Digital Brand Effect

Nielsen Neuro

Nielsen Mobile NetView

スマートフォン情報