Home > ニュース > メルマガ > 朝いちで起動するアプリは何?

2015/04/17 メルマガ

朝いちで起動するアプリは何?

 

 
 
 
 
ニールセン・インサイト
2015年4月17日発行
本メールはニールセン株式会社より、過去に弊社 Webサイトやイベントにて購読申し込みをいただいたお客様や、弊社担当営業よりコンタクトさせていただいたお客様をはじめ、ご縁のありました方に送信させて頂いております。ご購読を希望されない場合は、大変お手数をおかけいたしますが、こちら にアクセスし購読中止の手続きをお願い申し上げます。



先日3歳の娘に、「パパいつもアイフォン触っているよねー。」と言われてしまいました。確かに考えてみると、朝起きてから寝るまで(寝ている間も睡眠のログをとっている!)、 日常生活のあらゆる場面でスマートフォンを使っている自分がいました。みなさんはどうでしょうか。朝起きたらまずスマートフォンを手に取って、という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「朝起きたら最初にどんなアプリを使っているのか?」という点に焦点を当ててみようと思います。最もスマートフォンのアクティブ率が下がる午前3時台4時台の2時間にアクティブなアプリが無い(睡眠中と仮定)、かつ午前5時以降、最初に起動したアプリを「朝いちで起動したアプリ」と定義し、日別で集計をしました。
 
  アナリスト コラム
   

朝いちで起動するアプリは何?
―学生は「LINE」と「Twitter」、主婦は「Yahoo!」―


 

■定番のアプリは「ブラウザ」「LINE」「キャリアメール」

 

朝いちで起動するアプリランキングトップ10が図表1です。どの属性セグメントでも上位3位は「ブラウザ」「LINE」「キャリアメール」となり、4位以下と大差をつけていました。全体と個別の属性セグメントを比較すると、学生は「LINE」や「Twitter」「Twicca (全体では2%)」の割合が高いことが特徴です。また主婦は「Yahoo! JAPAN」アプリの割合が全体と比較して6ポイント高くなっていました。他にもトップ10には入りませんでしたが、天気予報やニュースなどの情報や「Shufoo!」といったアプリの利用率が高い傾向が見られました。

学生が「Twitter」で友人や自分がフォローしている人のタイムライン情報を見るのに対し、主婦はニュースなど広く一般の情報を見ていると想像できます。

参考までに、時間帯に関係なく利用者数の多いアプリランキングは弊社昨年末のリリースの図表3をご覧ください。比較すると、朝いちで起動するアプリとの違いや特徴がわかります。(http://www.netratings.co.jp/news_release/2014/12/Newsrelease20141216.html)

 

図表1:朝いちで起動するアプリの利用率 トップ10

 

 

朝いちで起動するアプリの利用率 トップ10

 

Source:

  • Nielsen Mobile NetView ブラウザとアプリからの利用
     
  • Nielsen Mobile NetViewは18歳以上の男女。
     
  • はじめからインストールされているデフォルトのブラウザのみ集計。個人的にダウンロードしたブラウザアプリは含まない。
     
  • キャリアメールとは、「SPモード」「au E mail」「Softbankメール」を指す。
     
  • 分析期間:2015年1月(1月1日から4日までの正月休みは対象外)。
     
  • 分析対象:Androidのみ。目覚ましアプリおよびスマートフォンの基本機能である初めからインストールされている電話や電話帳、デフォルトのカメラなどのアプリは対象外。
     
  • 月に1回以上の利用をカウント。
     
  • 学生および主婦はNielsen Mobile NetViewに登録されている属性情報を利用。

 

 

■ブラウザでは「Yahoo!トップページ」や「Yahoo!ニュース」、「Google検索」 が中心 
学生は「livedoor ブログ」で2chまとめ

 

では、ブラウザで何をしているのでしょうか。それぞれの上位3位までを表示したのが、図表2です。

 

図表2:朝いちにブラウザからみるサービスの利用率 トップ3

 

 

朝いちにブラウザからみるサービスの利用率 トップ3

 

Source:

  • Nielsen Mobile NetView ブラウザからの利用
     
  • Nielsen Mobile NetViewは18歳以上の男女。
     
  • はじめからインストールされているデフォルトのブラウザのみ集計。個人的にダウンロードしたブラウザアプリは含まない。
     
  • 分析期間:2015年1月(1月1日から4日までの正月休みは対象外)。
     
  • 分析対象:Androidのみ。Nielsen Mobile NetViewのBrandおよびChanelを集計。
     
  • 月に1回以上の利用をカウント。
     
  • 学生および主婦はNielsen Mobile NetViewに登録されている属性情報を利用。

 

 

ブラウザからみるサービスの利用では、「Yahoo!トップページ」や「Yahoo!ニュース」、「Google 検索」がそれぞれ上位にランクインしました。学生のみ3位に「livedoor ブログ」がランクイン。「livedoor ブログ」のアクセスの上位を見ると2chまとめなどのブログニュースが多く見られていることがわかりました。

「Google検索」はアプリでも上位にランクインしています。ブラウザでは学生の割合が高くなっていますが、朝TVを見ていて気になることや今日の予定に関することなどを調べているのかもしれません。また、「Google検索」と同様に、「Yahoo!」もアプリでもブラウザでも上位にランクインしていました。ニュースや天気予報など様々な情報が一覧できる点で、朝いちには「Yahoo!」が便利、という人も多いと思われます。

 

■朝いちに利用するアプリは固定化されていない?

 

さて、ブラウザの朝いち利用率は58%となっていましたが、これは月に1回だけ利用した人も含まれます。そこで、同じアプリを毎回朝いちで利用している「朝いちヘビーユーザー *」を抽出したところ36%となりました(図表3)。その内訳としては、利用率のトップ3と同じラインアップの「キャリアメール」「LINE」「ブラウザ」となりましたが、順位とその割合は変わっており、1位のキャリアメールでも全体の7%となりました。

朝いちは「メール」や「LNE」でのメッセージの確認や送付といったように、習慣化しているユーザーがもっと多いと思っていましたが、64%は定番化せずに様々なアプリを利用していることがわかりました。また、「ブラウザ」が上位に入っているのは個人的に意外に感じました。

 

図表3:朝いちヘビーユーザーの割合

 

朝いちヘビーユーザーの割合

※ 朝いちヘビーユーザー:1ヶ月(27日)の半数(14日以上)以上データが取得でき、その内、同じアプリを50%より多い日にちで利用しているユーザー

 

Source:

  • Nielsen Mobile NetView ブラウザとアプリからの利用
     
  • Nielsen Mobile NetViewは18歳以上の男女。
     
  • はじめからインストールされているデフォルトのブラウザのみ集計。個人的にダウンロードしたブラウザアプリは含まない。
     
  • キャリアメールとは、「SPモード」「au E mail」「Softbankメール」を指す。
     
  • 分析期間:2015年1月(1月1日から4日までの正月休みは対象外)。
     
  • 分析対象:Androidのみ。Nielsen Mobile NetViewのBrandおよびChanelを集計。

     

 

■それぞれの生活のタイミングで、スマートフォンの利用動向に違いがある

 

今回は、朝最初に起動しているアプリはなにか、という視点で集計しランキング形式の上位をお見せしました。「メール」や「LINE」など定番のものが使われている納得感の反面、ブラウザが使われることは意外に思えました。朝いちに一度でも起動されたことのあるアプリやサイトはロングテールであり、様々なアプリやサイトが利用されており思ったよりも固定化されていないことがわかりました。

そして「2chまとめ」関連のアプリ(学生以外でも)やゲーム、株価、天気予報、占いなどが利用されており、少数ですが特定の人にほぼ毎朝起動されているアプリもありました。

人々の生活は多様化し、生活のタイミングはそれぞれ異なってきています。決められた時間帯別や属性別だけではなく、こういったタイミングごとのデータや様々な切り口のデータを見ることで新しい気づきがあるかもしれません。

ニールセンでは、今後も様々な視点でデータを分析していきたと思っています。こんな切り口で分析できないか?などのご要望を、お待ちしております。

 

(ニールセン シニアアナリスト 今田智仁)

 

 

■  移転のお知らせ

弊社ニールセン株式会社は、このたびオフィスを赤坂に移転いたしました。 また、消費者購買行動分析部門であるニールセン・カンパニー合同会社も、 同じオフィスへ移転いたしました。

今後より一層お客様のニーズを満たすトータルソリューションの提供に努力してまいる所存です。 今後とも、一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

http://www.netratings.co.jp/news_release/2015/04/Newsrelease20150415.html
 
  最後までご覧いただきありがとうございました。
 
本メールの取り扱いについて
本メールの転送は自由に行って構いませんが、掲載された情報の無断転載を禁止します。

個人情報の取り扱いについて
皆様の個人情報を正しく扱うためにニールセンでは2005年3月に(財)日本情報処理開発協会より、個人情報の適切な取り扱いを行う事業所に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。お客様の個人情報は弊社の定める個人情報保護方針にもとづき適切に取り扱います。なお、メールからリンクされている各サイトへのアクセス情報を解析し今後のメール配信に役立たせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。
ニールセン株式会社 個人情報保護方針

メールマガジン配信を停止されたい場合のお手続きについて
ご購読を希望されない場合は、大変お手数をおかけいたしますが、下記URLにアクセスし購読中止のお手続きをお願い申し上げます。

■配信停止手続きページ          
https://csp2.netratings.co.jp/nnr2/magazines/quitnnc


メールマガジン配信先を変更されたい場合のお手続きについて
配信先を変更されたい場合は、大変お手数をおかけいたしますが、下記URLにアクセスし、現在のメールアドレスでの購読を中止のうえ、新規アドレスでの購読登録のお手続きをお願い申し上げます。

■配信停止手続きページ          
https://csp2.netratings.co.jp/nnr2/magazines/quitnnc

■メールマガジン登録ページ          
http://www.netratings.co.jp/email_magazine/register.html#


テキストメールをご希望の場合
本メールはHTML形式で配信させて頂いております。テキストメールでの配信をご希望の方は、テキストメール希望と明記の上 jpw_ClientServices@nielsen.com までご連絡ください。


お問い合わせ先
ニールセン株式会社
東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
TEL: 03-6837-6500 FAX: 03-5561-6901
サービスに関するお問い合わせ:jpw_ClientServices@nielsen.com
取材に関するお問い合わせ(広報担当):jpw_Press@nielsen.com
ニールセン株式会社HP:http://www.netratings.co.jp
Nielsen HP:http://www.nielsen.com

※このメールは送信専用アドレスから送信されています。
メールでのお問い合わせはjpw_ClientServices@nielsen.comまでお願いします。

 

 

 
  PR: ニールセン 消費者購買行動分析部門 メールマガジンのご案内
 
ニールセン・カンパニー合同会社はニールセンの、消費者購買行動分析部門です。消費者調査、ショッパー調査、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。http://jp.nielsen.com/
-------------------------------------------------------------------

■ニールセン メールマガジン

ニールセン メールマガジンは、世界のニールセンから発信される消費者購買行動についての最新ニュースやレポート、日本発のプレスリリースなどの情報を月に1回、無料でご紹介しています。ご購読お申し込みの際には、「1.氏名 2.ご所属(組織名、部署名)3.メールアドレス 4.メールマガジンを知ったきっかけ」を記載の上、consumer-insight.japan@nielsen.com までお知らせください。

■ニールセン メディカルリサーチ チーム発行のメールマガジン

ニールセン メディカルリサーチ(メディテック)チーム発行のメールマガジン、「Medical Insight」は、国内外の医薬系最新ニュースやレポート、プレスリリースなどの情報を2カ月に1回、無料でご紹介しています。基本的にHTML形式の配信ですが、ご希望によりPDFにてお送りすることも可能です。 ご購読お申し込みの際には、「1.氏名 2.ご所属(貴社名、部署名)3.メールアドレス 4.メールマガジンを知ったきっかけ 5.PDF形式での配信希望の有無」を記載の上、Med_Newsletter_JP@nielsen.com までお知らせください。
-------------------------------------------------------------------

※このメールは送信専用アドレスから送信されています。
メールでのお問い合わせはjpw_ClientServices@nielsen.comまでお願いします。

 

 
 
Copyright c2015 The Nielsen Company. Confidential and proprietary.

お問い合わせ

メルマガに関するお問い合わせ
E-Mail:jpw_ClientServices@nielsen.com

メールマガジン購読登録