Home > ニュース > ニュースリリース > ニールセンスポーツが日本バレーボール協会と共同で複数の実態把握調査を実施

2019/09/17 [お知らせ]

ニールセンスポーツが日本バレーボール協会と共同で複数の実態把握調査を実施

2020年、そして2021年以降のバレーボール界の発展に向けて

世界最大のリサーチ会社1ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 シン・ウンヒー)は、このたび公益財団法人日本バレーボール協会(所在地:東京都渋谷区、会長・代表理事 嶋岡健治)と、バレーボール界の実態把握に向けたマーケティングリサーチと「FIVBワールドカップ2019」 「天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ファイナルラウンド」(予定)における来場者調査を実施することに合意いたしました。

ニールセン スポーツが保有するスポーツマーケティングの専門家としての国内外における総合的な知見にご期待いただき、2020年に向けたスポーツ環境の実態把握に加えて、ポスト2020を見据えた競技人口・ファンの拡大・事業の発展に関するご要望を数多くいただいております。今回の取組では、2019年度における日本バレーボール協会主幹大会・イベントの来場者調査及びマーケットリサーチを実施致します。分析結果を基に既存ファン、潜在ファンを理解することで、ファンの拡大を支援しバレーボール界の発展に貢献いたします。

公益財団法人日本バレーボール協会 会長(代表理事)兼 マーケティング事業開発本部長 嶋岡 健治のコメント
「東京2020オリンピック・パラリンピックが1年後に迫った中、競技面だけでなく事業面でも大会以降のバレーボール界の発展についても検討してきております。バレーボール界が永続的に発展するには、支えてくださるファンを深く理解することがまずは重要と捉え今回の取組を実施するに至りました。また、業界で様々な知見、経験をお持ちのニールセンスポーツ様とはファン分析の先に見据えているJVAのマーケティング・スポンサーシップ活動についても意見交換を重ねていきたいと考えております。2020年以降もサポートして頂けるパートナーとしてご協力頂けることを非常に心強く思います。」

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社
執行役員 副社長 兼 クライアントサービス・ビジネスディベロップメント統括本部長 本庄 健人のコメント
「他のスポーツ団体を含めた国内外の経験にご期待頂き、新たに日本バレーボール協会様とこのような取組が出来ることを非常に嬉しく思います。2020大会を前に、バレーボールの魅力を再発信すべく、まずは置かれている状況や市場を正しく把握し、既存・潜在ファンを理解することで、全ての基盤となるファンベースの構築をご支援出来ればと思っております。いずれはバレーボール協会全体の事業拡大に貢献できるよう尽力して参ります。」

【アウトプットイメージ】

20190917_01.jpg

<実施内容詳細>

① 来場者実態調査:
2019年9月開幕の「ワールドカップバレー2019」、2020年3月開催の「天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ファイナルラウンド」(予定)の来場者を分析し、ファンの属性や満足度、観戦の障壁などを理解することで、マーケット・ファン拡大に向けた施策検討に活用。
② マーケットリサーチ:
マーケットにおけるバレーボール及び各種大会・イベントのポジショニングを分析し、協会の事業戦略構築を支援。

1 ESOMAR Industry Report "Global Market Research 2017"調べ

###

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社は、世界最大規模のスポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社です。スポンサーシップに関するデータ分析及びファンインサイトを基に、様々なステークホルダーの事業拡大を支援。グローバルでは1400以上のクライアントにサービスを提供しており、日本では、Jリーグやプロ野球球団をはじめとするスポーツライツホルダー、国内外の大会・イベントに協賛する企業、その他代理店や行政とも契約しています。
詳細はhttp://nielsensports.com/jp/をご覧ください。

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全で信頼された見解を提供しています。私たちのアプローチは独自のニールセンデータと他のデータソースを結び付けることで、今何が起こり、今後何が起こるのか、そしてこの知識に基づいてどの様に行動するのがベストなのかを世界中の顧客が見つけるお手伝いをします。ニールセンはメディア、広告、小売りそして日用消費財産業が直面する最も重要な問いに答えるための新しい方法を開発し続けながら、90年以上に渡り科学的な正確性と革新性に基づくデータと分析を提供してきました。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください:www.nielsen.com

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン カンパニー合同会社です。
消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細はwww.nielsen.com/jpをご覧ください。

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp をご覧ください。

グレースノート株式会社は、世界の代表的なブランドのエンターテインメント製品に、音楽・テレビ/映画・スポーツコンテンツについての認識技術を提供しています。2 億曲以上をカバーする楽曲データと 85 カ国以上のテレビ番組表データ、4,500 のスポーツリーグや国際大会に関する統計データ等を提供しています。詳しくは www.gracenote.com/ja/をご覧下さい。

###

こちらのリリースに関して、詳しくは下記までお問い合わせ下さい。
ニールセンスポーツ 担当:荒木

〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
TEL:03- 6837-6550(代表) FAX:03- 5561-6901
E-mail:NielsenSports_press_jp@nielsen.com
HP:http://repucom.net/jp/  Facebook:https://www.facebook.com/repucomjapan/

お問い合わせ

広報、プレスリリース等 に関するお問い合わせ
広報担当宛
TEL:03-6837-6500(代表)
E-Mail:jpw_press@nielsen.com

Newsrelease20190917_sports.pdf