Home > ニュース > ニュースリリース > 「Tリーグ関心度が開幕前後で10%up」「イチロー引退の情報接触率は83%」 ニールセン スポーツがスポーツマーケティングのトレンドを読む 「SPONSORLINK」 レポートを発表

2019/06/07 [お知らせ]

「Tリーグ関心度が開幕前後で10%up」「イチロー引退の情報接触率は83%」 ニールセン スポーツがスポーツマーケティングのトレンドを読む 「SPONSORLINK」 レポートを発表

世界最大のマーケティング調査会社1 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 シン・ウンヒー)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は2019年3月中~下旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。
今回は、「スポーツの興味関心度」「最近注目し始めたスポーツ競技」といった定期的な調査のほか、3月に引退したイチローに関する調査を実施。また今年9月に迎えるラグビーW杯や開幕1年前に迫った東京2020に関する調査も引き続き実施しております。
1 ESOMAR Industry Report "Global Market Research 2016"調べ

【注目される調査結果】
<スポーツ一般>
・2018年10月に開幕したプロ卓球リーグの「Tリーグ」は、2018年9月調査から興味度が13→23%となり大きく伸長した
・「やってみたいスポーツ」では卓球が順位を上げた他、特に男性ではスポーツクライミングが 2018年9月調査から順位を上げた
イチロー引退会見の生中継接触は23%。ネット等を含むあらゆる手段での引退会見の接触は83%

<オリンピック・パラリンピック版>
・大会の関心度は2018年9月から変化は見られずオリンピックは65%、パラリンピックは41%。10代のパラリンピックへの関心は他の年代より高く50%を超える
・2020大会関連TVCMでは「ENEOS エネルギーソング ライブ編」は他社の 2 倍近くの認知、3 倍近くの「見たことがある」スコアを獲得
・夏季オリンピック競技アスリート認知度は、張本智和選手(卓球)久保建英選手(サッカー)富樫勇樹選手(バスケットボール)の認知度が2018年9月から3~5pt.以上伸長

【サンプルイメージ】

20190607_01.jpg
  

20190607_02.jpg

【SPONSORLINK レポート項目】 全71ページ
◆スポーツ全般(全24ページ)
・スポーツの興味関心度(経年比較、性年代別、エリア別)
・最近注目し始めたスポーツ競技ランキング
・やってみたいスポーツ競技ランキング
・プロ野球、J1リーグ、B1リーグチーム興味関心度(性年代構成比、年間変化)
・スポーツイベントの開催地認知(ラグビーW杯・東京2020・ワールドマスターズ)
・ラグビーワールドカップ出場国認知、興味関心度、スポンサー認知
・イチロー引退会見の接触状況・感想自由記述 etc.

◆東京2020オリンピック・パラリンピック関連(全21ページ)
・夏季オリンピック・パラリンピック 興味関心度(経年比較、性年代別、エリア別)
・夏季オリンピック・パラリンピック 競技興味関心度、競技別観戦意向
・東京オリンピック・パラリンピック アスリート認知&好意度
・夏季オリンピック・パラリンピック TVCM認知/イメージ
・夏季オリンピック・パラリンピック 期待と懸念事項 etc.

◆東京2020スポンサー(全14ページ)
・東京オリンピック・パラリンピック スポンサー認知(純粋想起/助成想起)、貢献度
・印象に残った東京2020スポンサーの活動、スローガン認知、イベント・キャンペーン認知 etc.

最新の調査結果『SPONSORLINK レポート2019 wave1』を購入ご希望の方は、メールで(nielsensports_press_jp@nielsen.com)までお問い合わせください。

# # #

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社は、マーケティングのデータ提供、コンサルティングを行う、世界最大規模のスポーツマーケティング会社です。スポーツ団体及びスポーツに出資する企業に於いても、マーケティング戦略に不可欠なデータとして、世界中で数多く採用されています。日本では、Jリーグやプロ野球球団等とも契約しています。詳細はhttp://nielsensports.com/jp/をご覧ください。

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は、世界的なマーケティング調査会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析を行っています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストコンテンツ消費動向を把握するトータルオーディエンス測定を提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン カンパニー合同会社です。
消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細はwww.nielsen.com/jpをご覧ください。

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp をご覧ください。

グレースノート株式会社は、世界の代表的なブランドのエンターテインメント製品に、音楽・テレビ/映画・スポーツコンテンツについての認識技術を提供しています。2 億曲以上をカバーする楽曲データと 85 カ国以上のテレビ番組表データ、4,500 のスポーツリーグや国際大会に関する統計データ等を提供しています。詳しくは www.gracenote.com/ja/をご覧下さい。

###

こちらのリリースに関して、詳しくは下記までお問い合わせ下さい。
ニールセンスポーツ
広報担当:荒木
〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
TEL:03-6837-6550(代表) FAX:03-5561-6901
E-mail:NielsenSports_press_jp@nielsen.com
HP:http://repucom.net/jp/  Facebook:https://www.facebook.com/repucomjapan/

お問い合わせ

広報、プレスリリース等 に関するお問い合わせ
広報担当宛
TEL:03-6837-6500(代表)
E-Mail:jpw_press@nielsen.com

Newrelease20190607_Sports.odf