Home > ニュース > ニュースリリース > ニールセン、アジア太平洋地域でのGroupMとのデジタル視聴者測定における協業を拡大

2018/06/22 [お知らせ]

ニールセン、アジア太平洋地域でのGroupMとのデジタル視聴者測定における協業を拡大

GroupMの顧客にサイトやプレイスメントごとの視聴者数、GRP及び視聴者属性を提供

世界的なパフォーマンスマネジメント会社であるニールセンは、本日、WPPのメディアコミュニケーション部門であるGroupMが、アジア太平洋地域のデジタル視聴者測定プロバイダーとしてニールセンを選択したことを発表しました。 GroupMは、ニールセンのデジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)を使用して、日本、香港、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイの8つのアジア太平洋地域の市場で、顧客のオンライン広告キャンペーンとモバイル広告キャンペーンに出稿されたデジタル広告の視聴者を測定します。

GroupMのアジア太平洋地域のシニアディレクターであるクリス・マイヤーズ氏は、次のように述べています。「広告主は、すべてのメディアのタッチポイントでキャンペーンのパフォーマンスを総合的に把握する必要があります。 私たちは一貫した測定が不可欠であり、これがニールセンと協業することの目標です」。

ニールセンのアジア地域のデジタル責任者であるエイミー・ギャリーは次のように述べています。「GroupMとの長期にわたる協業をさらに拡げることができて嬉しく思います。 デジタルメディアは急速に発展していますが、ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)はPC、スマートフォン、タブレットなどの全てのデジタルデバイスを横断する広告キャンペーンのユニークオーディエンス数、性年齢別の視聴者属性、リーチ、フリークエンシー、GRPなどテレビ視聴データと直接比較可能な指標を提供するので、GroupMとその顧客である広告主は変化する業界のトレンドを的確に捉えることができます」。

GroupMが主要デジタル視聴者測定プロバイダーとしてのニールセンを選択したことにより、両社のアジア太平洋地域における既存の戦略的パートナーシップは更に拡大しました。

 

ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings )について
ニールセン デジタル広告視聴率は、デジタル広告キャンペーンのターゲット消費者へのリーチを詳しく知りたいと願う広告主にとって最適なソリューションです。さまざまなデジタルメディア上で展開する広告キャンペーンに接触している消費者をより良く理解する物差しを求め続けてきた広告主、広告代理店、媒体社は、このサービスを使うことで、広告効果をより正確に説明し他社との比較や検討ができるようになります。「ニールセン デジタル広告視聴率」の日本でのサービス提供は、世界最大のソーシャルネットワーキング・サービス、フェイスブック社とのパートナーシップによって実現しました。日本で2,800万人以上の登録者数を誇るフェイスブックの巨大なユーザー・データベースをパネルと見立て、その情報とニールセンの持つ市場代表性の高いオンライン・パネルの情報とを複合的に組み合わせることにより、日本のオンライン・ユーザーで広告に接触した人々を性別、年齢層まで把握することが可能になります。調査結果は24時間以内にオンラインのインターフェイス上に表示され、顧客企業は自社の広告キャンペーンの結果をすばやく知り、必要に応じてキャンペーンの途中でもこれを改善し最適化することが可能です。サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただけます。 http://www.netratings.co.jp/solution/DigitalAdRatings.html

 

###

ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE: NLSN)は、世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析を行っています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上でのコンテンツおよび広告視聴動向を把握するトータルオーディエンス測定などを提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析などを提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアント企業のパフォーマンス向上を支援します。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com


【ニールセン デジタル株式会社 会社概要】 
社名:         ニールセン デジタル株式会社  英文社名: Nielsen Digital Co., Ltd.
本社所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11階
資本金:      1億円
設立:          1999年5月
代表者:      代表取締役社長 宮本 淳
主要株主:   米国ニールセン カンパニー(The Nielsen Company)、株式会社ビデオリサーチ

 

ニールセン デジタル株式会社は、ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、および分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいています。ニールセン デジタル株式会社のサービス概要、および会社概要はwww.netratings.co.jp でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン カンパニー合同会社です。
消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。詳細はwww.nielsen.com/jpでご覧いただけます。

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社は、マーケティングのデータ提供、コンサルティングを行う、世界最大規模のスポーツマーケティング会社です。スポーツ団体及びスポーツに出資する企業に於いても、マーケティング戦略に不可欠なデータとして、世界中で数多く採用されています。日本では、Jリーグやプロ野球球団等とも契約しています。詳細はhttp://nielsensports.com/jp/でご覧いただけます。
また、Nielsen は2018 年FIFA ワールドカップ ロシア大会のオフィシャル・マーケットリサーチ・プロバイダーです。

グレースノート株式会社は、世界の代表的なブランドのエンターテインメント製品に、音楽・テレビ/映画・スポーツコンテンツについての認識技術を提供しています。2 億曲以上をカバーする楽曲データと 85 カ国以上のテレビ番組表データ、4,500 のスポーツリーグや国際大会に関する統計データ等を提供しています。詳しくは www.gracenote.com/ja/でご覧いただけます。

ニールセン デジタル株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション
インターネット視聴率データ Nielsen NetView
スマートフォン視聴率データ Nielsen Mobile NetView
インターネットユーザーデータベースサービス NetView Lifestyle Powered by Video Research Interactive など

広告分析ソリューション
ニールセン デジタル広告視聴率 Nielsen Digital Ad Ratings 
広告効果分析サービス Nielsen Digital Brand Effect
デジタル広告モニタリングツール Nielsen Digital Ad Intel など

###

本ニュースリリースに関するお問い合わせ:
広報担当:西村総一郎
 Eメール:jpw_press@nielsen.com 電話: 03-6837-6549

お問い合わせ

広報、プレスリリース等 に関するお問い合わせ
広報担当宛
TEL:03-6837-6500(代表)
E-Mail:jpw_press@nielsen.com

Newsrelease20180622.pdf